MENU

川越と共にあゆむ- 今までも、これからも、川越と共に刻む物流の歴史 -

歴史と伝統の街、川越と共に
ユーキャンロジは歩んできました。

川越について

川越は、古くから関東地方の代表的な城下町として知られ、物流の要衝として栄えてきました。江戸時代には舟運が発達し、物流がさらに活発になります。モノの動きに伴い、江戸からは最新の文化がもたらされ、「小江戸」と呼ばれて賑わいました。蔵造りの街並みは商業の隆盛を物語ります。

川越を拠点とするユーキャンロジ

今も物流の要衝として名高い川越との繋がりは、1983年に「川越流通センター」を開設したのが始まりです。
その後は川越の地で商品発送やメーリング業務を中心にロジスティクス業務を拡げて参りました。ユーキャンロジで働く人の大半は川越市やその周辺に住んでいて職住接近が顕著な会社です。人的にも産業・文化的にも地域に深く根ざした会社として活動を続けています。

ユーキャンロジは、
これからも歴史・伝統を紡ぐ川越の地で
ヒト・物・心をつなぎ続けます。

働く人から聞いた、川越のイチオシ!

  • 川越といえばコレ!

    1. 1位 蔵造りの街並み・時の鐘!
    2. 2位 イモ
    3. 3位 ユーキャンロジ
  • お勧めの菓子屋さんは?

    1. 1位 くらづくり本舗
    2. 2位 亀屋
    3. 3位 菓匠右門
  • 初詣に行くならココ!

    1. 1位 喜多院
    2. 2位 川越氷川神社
    3. 3位 川越熊野神社

川越便り

  • 野田五町の八幡太郎(平安時代後期の武将『源 義家』の通称)の山車は今年陰祭りで市内の巡行には参加せず、野田神社でのお囃子奉納に活躍する。

  • 川越まつりの山車行事、各町会の山車は合わせて29台、今年はその内19台が小江戸川越の蔵造りの町並みを中心に、町中を巡行する。見所は、初日の川越市役所前にすべての山車が一斉に並ぶ山車揃い、2日目の同所前の山車行列、そして祭りの2日間練り歩く山車が鉢合わせした時に向かい合って祭囃子の競演が始まる曳っかわせ(ひっかわせ)、陽が沈むと山車の提灯に明かりが灯り、幻想的な雰囲気に包まれて祭りも最高潮に・・・。

  • 川越氷川神社には国内随一の規模を誇るものがある、神殿に向って右側に見える大鳥居で、平成2年に建立された。高さ15m・笠木幅20m・柱廻3.45m、は木製の鳥居としては最大のものとか・・・。 因みに、中央扁額の社号文字は勝海舟の直筆、一見の価値あり。

  • 川越氷川神社、平日の朝は参拝者も少なく静寂に包まれている、心地よい清涼感が味わえた。明日・明後日は川越まつり、人出も多く熱気と喧騒に囲まれることだろう。

関連サイト

  • 川越市 時が人を結ぶまち川越 KAWAGOE CITY Official Website
  • 小江戸川越観光協会
  • 国指定重要無形民俗文化財 川越まつり